FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

アイソン彗星消滅 

…なんともはや…


世紀の大彗星になるやも知れない、と騒がれたアイソン彗星(C/2012 S1)が消滅したという事です。


近日点は0.01247AU。


太陽面まで190万キロまで迫った氷塊は、圧倒的なエネルギーにあえなく蒸発させられてしまったということでしょう。


ロウの羽根で翼を作って空を舞い、しかし太陽に近づき過ぎて羽根が溶けて墜落してしまったイカロスですね。



世界中の天文ファンが大いに落胆しているに違いありません。



ただ、天文ファンの中にはある程度は想定内であったという方も多いのではないでしょうか。



問題は、普段はあまり天文関係に興味がなかった人々が、たまたま「大彗星」のキャッチコピーを目にしてしまった場合です。



実際、ホームセンターなどの光学製品を売るコーナーでアイソン彗星のポスターを見たこともあります。



どの程度「特需」があったかはわかりませんが、これで望遠鏡なり双眼鏡を購入した人はどんな反応を示すんでしょうかね?


何しろ、目的の対象物が文字通り「消滅」してしまったわけですから。


訴訟問題などという大袈裟なことにはならないでしょうが、「返品したい」という人が現れても不思議ではないかも知れません。


スポンサーサイト



[edit]

息子の夏、締めくくり。 

7月28日、「静岡市中学校総合体育大会陸上競技の部」が草薙陸上競技場にて行われました。


中体連、という方が通りが良いでしょうか。


全国大会や東海大会へ進める選手を除いては、三年生には最後の公式戦となります。


息子にとっても同様で、ここが中学陸上競技の集大成となります。出場は800m、1500mです。


個人としての記録は勿論なのですが、彼(彼等)にはもう一つの目標がありました。


それは総得点による学校対抗戦で優勝すること。


各競技の入賞者、1位から8位までの選手には、8点~1点の得点が与えられ、最終的にその総得点を争う、というもの。


1人2競技と決まっているので、人数が多い方が有利ではあります。



朝一の800m予選は2位通過でしたが、決勝は5位に終わりました。流石に強豪ぞろいです。県ランク18位の息子よりも上位の選手が順当に入りました。
中体連03 - コピー
同競技のライバルではありますが、良い友人達でもあります。談笑しながら引き上げる姿にこちらも和みます。


そして、1500m。見事トップでゴールラインを超える姿を、目前で見せてくれました。
中体連02 - コピー
お立ち台の最上位です。3位にはイトコが入賞。(実は、彼の学校が2大会連続で優勝しているのです)


そして、その他の競技では…
中体連09
全中、そして東海行きを決めているエースが200m優勝。(大会新!)

そして400m優勝。(彼も東海へ行きます)
中体連10

棒高跳びも4m20という大ジャンプで優勝。(全中、東海行きです)
中体連11

更に、4×100リレー(200と400の選手と棒高2選手による)も3位入賞。低学年リレーも7位です。



その結果…
中体連12
男子が準優勝を勝ち取りました。


三連覇を果たした優勝校の牙城は崩せませんでしたが、選手層の厚さを考えれば致し方ありません。


ちなみに優勝校は67点、ダントツです。


そして息子の学校は51点(内12点が息子)、3位タイの2校が42点、5位が41点でした。




三年男子全員がこのユニフォームで揃うことはもうありません。
中体連06
そう思うと、少し寂しさを感じてしまいます。

[edit]

DELICA SPACE GEAR 

我が愛車、デリカ・スペースギア。平成8年から乗り続けているので、もう17年にもなります。


P1000114.jpg



それ以前はデリカ・スターワゴンに5年乗っていたので、デリカ歴は20年以上という事です。


このミツビシ・デリカシリーズは、荷物は積めるし悪路もOK。という事は、望遠鏡や撮影機器などの機材を山中に持ち込むのに適しているわけで、遠征派の天文愛好者にも、需要は多かったと思われます。



僕の場合、天文というより磯釣りで重宝していました。複数人分のロッドケースやコマセバッカン、クーラーなどを積み、地磯釣りなどでは林道にも分け入る事が容易で、最強のギアなのです。



しかし、流石にここまで年式が古くなると、都合の悪いことも出てきます。



そのひとつがタイヤなのです。車重のせいもあり、履いていたタイヤのサイドウォールにクラックが出始め、限界が近づいてきました。交換時期でしょうが(そもそも何回目だろう?)、かといって今更新品というのも…。



アルミホイールはそのまま使用。そんなわけで、中古タイヤだけを探すことにしました。



僕のクルマはオーバーフェンダーが装備してありまして(勿論、構造変更済みで合法)、タイヤもノーマルのそれと違いワイドサイズを履かせています。



265/70R15。一世代前のパジェロやハイラックスサーフなどに使われていたサイズです。



タマ数は多いはずと思っていたのですが、これがなかなか…。全国展開している中古パーツショップ「UP GARAGE」のWEB検索にて、ようやく1セットを見つけたのでした。

P1000076 - コピー

おお…、なかなかカックイイんじゃないですか?(自己満ですか?)


にしてもこのクルマ、いつまで動くのかなあ。オドメーターは10万キロチョイなので、年数からすると距離は少ないほうですかね。


ま、今のところクルマを乗り換える予定も(予算も)ありませんけどね。


釣り師匠も同じ車種に乗っていて、既に月までの距離の半分近くまでは行っておりますが、まだ現役バリバリの様子です。


余談ですが、意外や海外では今も一部マニアに人気があるようです。DELICAやL400で動画検索すると、ロシアの雪原や、オーストラリアの赤土を巻き上げて疾走するこのクルマの姿を見ることができます。




[edit]

中学校選抜陸上競技大会 

7月6日土曜日。第28回静岡県中学校選抜陸上競技大会兼第68回国体予選会が、袋井市エコパスタジアムにおいて開催されました。
スクリーン

静岡県の中部に属する我が愚息の中学陸上部からも8人が出場権を得て参戦いたしました。今回は県大会。東部、西部の強豪達も一堂に会します。


まずはこの大会に参加するためにクリアせねばならない記録です。

  
  第28回(平成25年)静岡県中学校選抜陸上参加標準記録
           男子      女子
  100m     11"90     13"40
  200m     24"80     28"00
  400m     55"00
  800m     2'10"00    2'30"00
  1500m     4'30"00    5'05"00
  3000m     9'45"00
  男110mH    17"00  
   女100mH            17"00
  走高跳        1m60       1m40
  棒高跳       設定なし     設定なし
  走幅跳       5m50       4m50
   砲丸投      9m50(5kg)   9m50

事前の大会でこれを突破した選手達がこの日集まったわけです。


更にこの大会で設定された参加標準記録を突破すれば、全日本中学校陸上競技選手権大会(全国大会)へのキップが与えられます。


          男子      女子
  100m     11"25      12"55
  200m     22"90      25"90
  400m     52"00
  800m     2'01"50     2'17"00
  1500m     4'10"50     4'38"00
  3000m     9'02"00
  男110mH     15"00  
   女100mH             14"85
  走高跳       1m85        1m57
  棒高跳      4m00    
  走幅跳       6m50        5m35
   砲丸投        13m00(5kg)     12m50

一気に次への門が狭まる事がわかるでしょう。


息子も800m、1500mの2種目にエントリーです。「そうそう無いことだから」と、店を休業して応援に行ってきました。


プログラムの初っ端、一番最初の1500m第1組。いきなり息子の出番です。


一発勝負のタイムレースで4グループに分けた一組目という事は、当然猛者たちの集まりであり、息子の自己ベストからして、何ゆえこの組なの?と、正視するのも恐い状況です。


ちなみに直近の中部のレース(未公認)での様子です。この時は独走で1位。タク
しかし、県大会となると、
選抜


…こうなりました。


彼は頑張りました。ベストもわずかながら更新しました、が、16人中15位という結果に終わりました。


何しろレベルが高い。1~8位までがいきなり標準記録を突破(以下標突)しました。


2組目には他校に通う息子のイトコ(所謂、僕の甥っ子ですな)が走り、グループ2位でゴールしました。


最終的には71人中、甥っ子が16位、息子が17位という結果となりました。結局、全国行きは1組目の8人でした。


そしてもうひとつの競技、800m。こちらは予選と決勝がありまして、息子は予選3組目です。
800m予選
10人中2位でゴールしましたが、1位とはこの差です。1位の選手はこの時点で標突しました。


結局、35人中12位で息子は決勝に進むことはかないませんでした。


最終的に、800mでの標突は県で2人。全国への壁はやはり厚い。


さて、他のチームメイト達はどうだったでしょうか。
bo-taka.jpg
棒高跳では、見事標準4mを超え、4m10をクリアして2位で全国行き。


200.jpg
そして、200mでは、予選ですでに標突し、決勝レースを1位で駆け抜けたエースが全国行き。(僕の釣り師匠の甥っ子です)


更には砲丸投女子も1名が見事標突。都合3名が全国への道を切り開きました。


実は、これは意外とすごい事なのです。


今回の大会に参加したのは171校、1,153名。そのうち標突選手が出たのは46校。標突選手総数は59名。


勿論、1校から1名出るだけでも立派なものなんですが、これが2人以上となると途端に8校まで減り、3人(最高)だと4校しかありません。


しかも、この陸上部、総部員数31名と数からいっても決して強豪校ではないのです。



顧問の先生はそれほど厳しい方では無く、生徒の自主性に任せておられる様子でしたが、部員たちは自主的に朝練を組み、練習メニューを考え、下校後に市営グラウンドのトラックに走り込みに遠征するなど、努力を惜しみませんでした。


だからといって体育会系独特の上下関係を感じさせる部分は微塵もなく、下級生が上級生を慕う様子が傍からもわかるような、それはもう僕の世代からしたら奇跡のようにすら見えるものでした。






さて、本格的な夏を迎え、3年生にとってはあと数大会を残すのみ。


どうか、有意義な季節を過ごしてほしいと願っています。


[edit]

天文台製作費用 

……えー…、


随分と永い間放置していた当ブログにコメントをいただきまして…。


お返事かたがた、久方振りにアップしてみます。


  
  『プライベート天文台
    私も新居と共に 屋上に天文台設置を検討中です。
    業者に依頼したいのですが メーカー 費用
    そして お勧めの望遠鏡など 宜しかったら
    初心者の私目に 教えて下さい。
                     ATAKAMO 』



まずはATAKAMOさん、こんなクモの巣が張った寂れたブログに来てくださってありがとうございました。


しかしながら、あまりお役には立ちそうにもありません。


子供の頃から自分の天文台に憧れていた、というのは多くの天文少年同様ではありますが、僕自身、メーカー製というのは一度も考えた事はありませんでした。


何てったって「お高い」じゃないですか。



これはニッシン・ドーム。とってもメジャーなメーカーですよね。
コピー ~ DSC_0073 (1)
このドームはとある公園に設置されているものですが、例えば一般的な2・5m(標準スリット)ドームのみ約170万円強(回転、開閉モーター込み)。130cm角型観測室が40万円、更に送料や設置費用がかかります。


そしてこちらは協栄産業マウナケアドーム。
(以降は一般の方の設備ですので画像処理してあります。ちなみに全て自分の行動範囲内です。意外と多い!)
コピー ~ EPSN1119
2.6mドーム(回転、開閉モーター込み)が約170万円、観測室60万円、勿論同様に諸費用がプラスされます。


こちらは確か外国製のシリウス・ドームというものでしょうか。
コピー ~ DSC_0235
FRP製で、以前は扱っている輸入代理店があったようですが、現在は無いようです。国産に比べると結構な廉価だったと思います。


これはアストロ光学で販売していたアイリッドタイプという物ですね。
コピー ~ EPSN0854
ずっと以前、アストロはオーソドックスなタイプの一般向けのドーム販売に力を入れていました。自分で組み立てられるキットもありましたね。現在も一般向け販売があるのかは定かではありません。


それから、90年代の天文誌によくあった、コスモ・ドームというFRPドームも市内のどこかで見たことがあるのですが、場所を失念しました。


あとはヒューマン・コムという会社もあるようですが、僕は現物を見たことはありません。


で、自作2.5mドームです。
P1000127 - コピー
製作費用を細々メモっておけば良かったのですが、気が付いた時は大分製作が進んでしまっていて後の祭りでした。

そんなワケで本当に適当な概算なのですが、おそらくFSQ-106一本分もかかってはいないと思います。(電動回転、手動開閉)


市販品と較べたら、ホントに安上がりに済みました。


勿論、クオリティは較ぶべくもありませんよ(笑)



とはいえ、天文台には最も大切な中身、ご本尊であるところの望遠鏡が必要です。




用途(眼視用、撮影用)によって望遠鏡のタイプも様々でしょうが、ドームに収めるほどの規模となると、やはりある程度大型のものになるでしょうし、市販ドーム以上の価格になるかもしれません。


更に撮影機材などの周辺機器等々…。う~ん。


それからもうひとつ。


新築時に、住宅メーカーがドームを載せることに難色を示す可能性があります。


メーカーや、あるいは地域によっても、様々でしょうが。


いや、本当に参考にならなくて申し訳ありません。

[edit]